2014年03月07日

面接終了

明日から飛行機を3便乗り継いでアメリカに戻ります。

日本の3週間滞在は、ちょっとあわただしかったですね。
とくに最後の数日、母校と次の勤務先を訪問したあたりは。

母校に顔を出し、お世話になった先生にお礼をしつつ、帰国後の仕事(他大学への異動)に関して報告。
そして、次の勤務先の先生達にご挨拶。学長、病院長との面接含む。

よその大学に異動となると、いろいろとトラブルが起こるヤクザな世界だけど、大きなトラブルを生じることなく、無事に終了。
大学時代の同期の先生が色々とサポートしてくれて助かりました。


単純なご挨拶含めて、2つの大学で
学長 1人
病院長 2人 
教授 5人 (学長・病院長除く)
准教授 3人 
計 11人と面談。

ただただ疲れました。


面白かったのは、同じような「教授」という肩書を持っていても、境遇は様々。

赤じゅうたんを敷き詰め面会者が数珠つなぎの教授室もあれば、施設の端っこのほうの築○十年の古ビルにあてがわれた6畳間の教授室もあり。

「厚労省から年間5億の予算が下りてな、今月末までに5000万使い切らにゃいかんのじゃ。使い道がなくて困った困った。ガハハ。」とバブルを謳歌している講座もあれば、某寄付講座では「あと半年で任期が切れるんだ。うまくいけばもう1年任期が伸びるかもしれないが、そこまでだ。今後、どうするかな、、、、」と、本気で不遇を嘆かれたり。


金や地位がすべてじゃないけど、いかに楽しく、長く仕事をしていくか、考えさせられます。

夏以降、新しい職場で頑張ります。
とりあえず目の前の仕事をやるしかない。
posted by Tomo at 13:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

英語発表支援ソフト「GlobalvoiceEnglish3 Lite」

日経メディカルのメールマガジンでこんな商品が紹介されてた。

ーーー(抜粋)ーーー
英語発表支援ソフト「GlobalvoiceEnglish3 Lite」を新発売!

 医療従事者向けに特別価格で提供する「英語発表支援ソフト」です。
ご自身で作成された「英語発表原稿」をパソコンに登録するだけで、ネイティブ
スピーカーのような品質で、その原稿を読み上げてくれます。英語発表の練習用
にご活用いただけます。

《GlobalvoiceEnglish3 Lite 特設サイト》
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_210946_315715_3
ーーーーーー

このソフト、3万6600円 なり。


どんなすごいものかとその商品の紹介動画を見てみたら、、、


超Choppy!!


Choppyというか、リズムむちゃくちゃ。
早くなったり遅くなったり、もう機械感満点。

コンピューターによる文章読み上げ機能の限界なんだろうけど、、、これが3万6600円とはねえ。

小金を持っている医者を相手にしたあくどい商売なのかと、勘ぐってしまいますな。


このソフトに3万6600円も出すなら、オンライン英会話の先生と練習しなさい、と言いたいです。

300回はレッスン受けれるぞ!



「オンライン英会話 選び方&使い方」
http://eigo5.jimdo.com/
最近放置気味のこちらのサイトもどうぞ。
posted by Tomo at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

「オンライン英会話の教科書」 有子山博美さんのオンライン英会話の勉強法

「オンライン英会話の教科書」では、著者の実践している勉強法を紹介しているのですが、それ以外に4人の英語達人が登場して、それぞれ2ページづつですが、オンライン英会話を使った勉強法を紹介してくれてます。

4人というのは、
虹川あいみさん
有子山博美さん
濱崎潤之輔さん
晴山陽一さん
(皆さん、英語学習本を出版されてる方々です。)

皆の勉強法が参考になったんですが、個人的に一番よかったのは有子山博美さん

有子山さんが実践しているレッスンは、
「スピーキング対策として、TOEFLのトピックを出題してもらい、15秒で意見をまとめ、60秒で話す練習をする。
その場でフィードバックをもらうだけでなく、レッスン終了後にそのトピックに関してあらためてエッセイを書き、次のレッスンで読み上げ添削してもらう。」


この後半部分がいいですね。
自分なんかレッスンの時はそれなりに集中はしてるけど、やりっぱなしだからね。
できなかったことはレッスン後にしっかりやり直して、その際には新しい表現をどんどん取り入れていく。
そういう姿勢が英語力を伸ばしていくんでしょうね。

この学習法、いただきです。

特に、このトピックについて意見をまとめてすぐにしゃべる、っていうのは苦手なんですよね。
English powerのエリザベスと何回かやったけど、結論がないダラダラした話になりがちで、目いっぱいダメ出し食らいましたね。



有子山さんの読者へあてたメッセージもよかった。
(以下引用)
せっかく英語を勉強するなら、「自由自在に英語でコミュニケーションが取れること」を目標に、楽しみながら気長に取り組んでみてはいかがでしょうか。「コミュニケーション」を念頭に置いたとき、無味乾燥だと思っていた単語集や文法書も、「これは使えそうだ」と思えるネタが満載で、宝の山のように見えることでしょう。


有子山博美さんの著書「留学しないで、英語の超★達人」には大いに影響を受けて、前からこのブログの右のほうで紹介してるけど、とりわけ有子山さんの意見には不思議と共感しちゃうね。
面白いもんです。


オンライン英会話の教科書

嬉野 克也 国際語学社 2013-08-27
売り上げランキング : 4372
by ヨメレバ


留学しないで、英語の超★達人!―国内でネイティブ並みの英語力を身につける方法

有子山 博美 中経出版 2008-06
売り上げランキング : 32684
by ヨメレバ



「オンライン英会話 選び方&使い方」
http://eigo5.jimdo.com/
最近放置気味のこちらのサイトもどうぞ。
posted by Tomo at 10:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

「オンライン英会話の教科書」

オンライン英会話の本を買ってみました。
ずばり「オンライン英会話の教科書」

オンライン英会話の教科書

嬉野 克也 国際語学社 2013-08-27
売り上げランキング : 14021
by ヨメレバ


オンライン英会話を利用している著者がオンライン英会話のシステムやら、レッスンを受ける際の心構え、著者自身のレッスンを受け方、英語が上達してどうなったか、などを紹介してます。

著者はオンライン英会話で英会話力を鍛え、外資系企業担当として英語を駆使して仕事をしているようです。



英語学習目的は人それぞれだけど、著者はいろんな学習法を提案してくれてるので多くの英語学習者にとって参考になるでしょうね。

特にいいのは、楽しんで英語を勉強しているっていう雰囲気が本全体から漂ってくるところですね。

その雰囲気に感化されて、自分も頑張ろうって気になってきます。


自分の英語学習目的は、「英語を巧みに駆使して仕事をする」っていうのが第一にあるけど、もっといえばその「『英語を巧みに使う方法』を若手研究者に教えたい」ってことですかね。

そうするには、もっともっと頑張らないといけないです。

日々精進


「オンライン英会話 選び方&使い方」
http://eigo5.jimdo.com/
最近放置気味のこちらのサイトもどうぞ。
posted by Tomo at 10:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

2報目論文、差し戻し

2日前に投稿した論文、早速戻ってきた!?

なんで!

と見たら、字数制限を守れ、とな。

まあ、4200字制限のところ、4600字超で投稿したからね。

おおめに見てくれるかと思いきや、さすがに10%増量はダメでしたか。

ただいま頑張って字数削減中。
4280字まで減らしたからもう一息。


ちなみに、Figureのつくり方もガイドラインとは違うんだよね。

雑誌に載っている論文の半分以上が守ってないから、守らなくていいかな、なんて思って。
今度はそっちの理由で差し戻しにならなきゃいいけど。。。


教訓、ちゃんとルールは守ろう。



この雑誌がダメならPLOS ONEに投稿してさっさと「あがろう」って思ってたけど、
PLOS ONEはPLOS ONEで面倒なことを言い出したようです。
http://blogs.plos.org/everyone/2014/02/24/plos-new-data-policy-public-access-data/

論文投稿時は生データも登録しろって。
もちろんデータはあるけど、面倒なことで。

posted by Tomo at 20:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。