2014年05月18日

バリューイングリッシュ 体験レッスン

バリューイングリッシュの体験レッスン

Pace先生で、発音レッスンを受けました。

手短に自己紹介をしてレッスン開始。

この”手短に"ってところに軽いショックを受けました。
おしゃべり系のスクールだったら、自己紹介から話が続いて、時間をフルにおしゃべりしてしまうところ。

Pace先生は、「はい、自己紹介終わり。レッスンするよ。」と、あっさり自己紹介を打ち切られた。

「レッスンをする」というしっかりとした目的があって良い。

こんなところに普通のおしゃべり系スクールと違う雰囲気を感じました。


さて、レッスンでは
VOWEL LEVEL TESTとして、下記のPoemの音読。

OUR QUEER LANGUAGE

I think you already know
Of tough and bough and cough and dough,
Others may stumble, but not you
On hiccough, thorough, and through.
Well done! And now you wish, perhaps,
To learn of new familiar traps?
Beware of heard as a dreadful word
That looks like beard and sounds like bird.
And dead; it’s said like bed, not bead –
For goodness sake don’t call it deed!
Watch out for meat and great and threat –
They rhyme with suite and straight and debt.

A moth is not a moth on mother
Nor both in bother or in brother.
And here is not a match for there.
Nor dear and fear for bear and pear.
And there are dose and rose and lose –
Just look them up – and goose and choose,
And cork and work and card and ward,
And font and front, and word and sword.
And do and go and thwart and cart –

Come, come, I’ve hardly made a start!
A dreadful language? Man alive,
I’d mastered it when I was five.


思いっきりひっかけに引っかかりまくりで、

こんだけ間違えたわよ、と間違えた単語リスト。

queer, tough, hiccough, thorough, dreadful, beard, bird, bead, suite, mother, brother, match, bear, pear, goose, choose, hardly


アドバイスは
「単語一つ一つはちゃんと発音できるのに、文章になると間違えるのは音読の練習が足りない。毎日しっかり音読を。」と。


ごもっともです。
音読が面倒くさいから、音読しなくて済む勉強法はないかと探してたけど、、、ありませんよねえ。
音読するしかないです。



レッスン後には、フィードバックのメールもあって、その辺はしっかりしてますね。


バリューイングリッシュの体験レッスン「発音コース」でした。


バリューイングリッシュ

オンライン英会話選びの参考に
→ 「オンライン英会話 選び方&使い方
posted by Tomo at 04:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。